読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クワドヘリックス

 

こんにちは(^ω^)

 

 

歯列矯正というと小さな装置(ブラケット)とワイヤーから構成される
こういったものを想像する方がほとんどだと思います。

 

 

 

 

この装置は『マルチブラケット装置』という1番メジャーな装置になります。

矯正装置にはこのマルチブラケット装置以外にも様々な装置があります。

 


本日は『クワドヘリックス』という装置についてご紹介いたします。

クワドヘリックスは上の裏側に針金が通っている装置です。

 

 

 

この装置は歯列が狭窄して歯の並ぶスペースがなく、でこぼことした歯並び(叢生)や
第一大臼歯(六歳臼歯)が捻転している場合に適用されます。


矯正装置には作用によって適応年齢があるものが多くありますが、
クワドヘリックスは特に年齢制限がなく小学生~成人まで幅広く適応される装置です。

 

歯を徐々に前方・側方に拡大する作用があるため、
歯列弓にスペースができ、叢生などが改善されます。
またマルチブラケット装置と併用して使用されることもあります。

 

 

クワドヘリックス装着後の注意点は以下になります。

・会話、食事がしにくくなる(数週間で慣れてくる)
・舌にワイヤーの跡がつき痛みが出る可能性がある
・装着後、数日間違和感や痛みが出る可能性がある
・グミ、ガム、キャラメルなど粘着性のある食べ物は控える
・食べ物が引っかかりやすく、口腔内が汚れやすくなるため丁寧にブラッシングを行う
 (特にバンド周辺やワイヤーが接している部分など)

 

 

クワドヘリックス以外にも矯正装置には様々なものが
あるので、また次回ご紹介いたします(^O^)/

 

 

 

夜9時まで診療 人形町駅徒歩1分 歯並びの歯列矯正専門 ジェム矯正歯科 見えない裏側矯正 完全予約制 キッズスペース カフェカウンター